銀座デンタルデザインクリニック|CTを使って安心治療
CTを使って安心治療
再生歯科
歯周病が進行すると歯の周囲の骨が吸収し歯が動揺してきます。
口腔内において一度吸収した骨はほとんど再生しません。また、歯周病が進行し歯を支える骨がなくなっていくと最悪の場合には歯を抜かなくてはならない場合もでてきます。
そういった場合体に安全な骨を増やすメンブレン膜を骨が吸収している周りに一定期間置き骨を増やします。新生した骨はご自身の体が作ったものですので安心です。
また、骨が少ないところへのインプラント治療の際にも骨を増やす事により今まで難しかったインプラントでの治療を可能に出来るようになりました。